美容について

早くいけば良かった!
私は学生のころ全然ニキビがありませんでした。
3つ離れた兄がいますが兄はよくニキビに悩まされいつも化膿した白ニキビが2個3個はありよく鏡の前で潰している姿を見かけました。
周りの友達もニキビがあり「お前は肌が綺麗でいいよな」と言われていました。
成人になり屋内の仕事をやっていたときも肌問題とは無縁で御飯をぬいてお菓子を食べたり夜更かしをしてもニキビは出来ず周りからは肌が強いんだねと思われていたみたいです。
同じくらいの歳の事務の女性はよく白ニキビがおでこなどに出てくる子で、羨ましがられていました。
それから転職し屋外の土木の作業につきました。すると少しづつ赤ニキビがおでこにでてきました。
最初は汗だくになるので夏を乗り越えればまた無くなるだろうと思っていました。
しかし冬になっても年越ししてもニキビは消えずそのうち顔中に出てきました。始めは出て来ても2週間位すればまた無くなっていましたが、その後は消えることなく増え続き気づけば白ニキビだらけで外に行くのがあまり好きじゃなくなりました。
外に行くまえにはよく鏡の前で白ニキビを絞ってだして汁が出なくなったことを確認してから外出していました。
それから2年位経ち会社の社長が余りにもひどいと思ったのか、一度病院に行ってこいっと言われ皮膚科に行きました。
診てもらうと食事にも睡眠にも気を使って塗り薬を塗れば治ると言われそれからは規則正しい生活を心掛け朝と夜寝る前に薬を塗るようにしました。
そしたら一週間くらいでニキビが消え始め今では全くなくなりました。
跡はさすがに残りましたがもっと早く病院に行っていればここまで悩まずに済んだのにと思いましたが、白ニキビ 解消できて堂々と外出出来てとても嬉しいです。

Read more

4美容と言って思い出すのは高い化粧品や美容器具を使うことだと思う方もいるのではないでしょうか。もちろんこれらもきれいになる近道の一つではあります。しかし口から入る食べ物は美容にとってもっと大事な美容方法だと思います。毎日3食一か月で約90食もの回数食事をします。毎日少しずつきれいを口から摂取していると思うと大事な行動だと思います。

時間やお金をかけなくても少しの努力できれいに近づくことができると思います。例えば朝ごはんを例に挙げてみます。時間がないからついつい手を抜いてしまいがちですが、一日のスイッチを入れる大事な行動と言っても過言ではありません。朝から野菜を摂ることはなかなか難しいかと思います。そんなときは前日の夕食のときに家にある野菜を小さめに切っておき、お鍋に入れて冷蔵庫に入れておきます。朝水を入れ煮えたらコンソメを入れたら野菜スープの完成です。煮てる間に自分の準備をできますし、一日のスタートに野菜を摂取することでお通じも良くなり肌や髪の調子も良くなってきます。毎日コンソメスープが飽きると思ったら水を半分にして豆乳や牛乳を入れてみたり、カレールウや中華だしに変えてみるのもいいと思います。その日にストックしてある野菜によって味を変えるのもいいかと思います。

口から美容成分が入ってきて毎日のきれいを作ってくれていると思うと少しだけ早起きをしてしっかりと朝ごはんを食べて一日をスタートさせたいですね。

Read more

10水素水を使った美容法が人気ですよね。

家電で水素水を作って飲んだり、水素の出る小袋を湯船に入れたり、水素水で洗顔をしたり、いろいろな使い道があるようです。

水素水を使った洗顔については、刺激が強そうですし、目に染みるとイヤなのでやっていませんが、お風呂場では水素水を使ってみたいと思いました。

水素が出る小袋は、ひとつ400円ほどで手に入れることができました。

1回で終わりなので、コスパは少し良くないかなと思います。

湯船に入れるとすぐにポコポコと泡が出てきます。

すぐに消えてしまう泡ですが、すごく弱いジェトバスのような感じで、肌あたりが良かったです。

肌によく馴染ませるようにマッサージしましたが、少し角質が取れたような感覚がありました。

洗い上がりがツルっとしていて、クリームの浸透が良くなっていました。

週に1回くらいは、やっていきたいと思います。

これまで水素水と言えばペットボトルで買うものというイメージでしたが、今は機械さえ買ってしまえば、簡単に自宅で作れてしまうので便利になったと思います。

ペットボトルで買うよりも長い目で見たら、コスパも良いようです。

炭酸水のブームにも乗っていましたが、炭酸水はダイエット効果があったような気がします。

お腹がいっぱいになる感覚があり、お通じも良くなりました。

ですが水素水には特にその効果は感じません。

いつまでこのブームが続くかわかりませんが、飽きるまで続けていきたいと思います。

Read more

4美容は内側からと言いますよね。

食事は特に大事なことですが、たくさんの栄養素を摂取するには色々な食材を買わなければいけないので手間がかかります。

そこで頼りたいのが「スーパーフード」と言われる食材です。

栄養価が高いので、手軽に必要な栄養素を摂ることができます。

有名なものではチアシードやアサイー、ココナッツオイルなどがあります。

他にもスーパーフードと言われる食材はたくさんあるので、自分の好みに合ったものを取り入れると良いと思います。

チアシードは味もそんなにしないので、ヨーグルトに混ぜたり、サラダに振りかけたりすることで簡単に摂取することができます。

アサイーはコンビニのジュースコーナーにも置いてありますし、カフェではアサイーボウルが置いてあるところも多いです。

ココナッツオイルはそのまま少量を飲んでも良いですが、サラダ油の代わりに使うことで料理をヘルシーにすることができます。

個人的に日本のスーパーフードだと思うのが、「納豆」です。

発酵食品は腸内環境を改善するのに効果的ですし、豆はシワやたるみを防ぐたんぱく質が豊富です。

外食が多いという方でも、チアシードを持ち歩いて料理にかけてみたり、1日1回は納豆を食べるようにするだけでも、栄養の偏りは改善されると思います。

他にもキノコ類や緑黄色野菜も美容効果の高い食材なので、積極的に摂取するようにすると良いと思います。

Read more

喜ぶ女性学生のときと同じように、アイラインを上下にバッチリ入れているという大人の女性は多いのではないでしょうか。

目の周りを黒いラインで囲むほど、目は小さく見えることは周知の事実です。

年齢とともに自分ではアイラインを真っすぐに引けていると思っていても、目を開いたり閉じたりした際に他人から見るとラインがガタガタだったりすることがあります。

皮膚の弾力が無くなり、まぶたが垂れ下がってくると、アイラインは途端に描きにくくなります。

そうなった場合は思い切ってアイラインを一部だけ描くようにするといいと思います。

まぶたのきわ全部に描くのではなく、黒目の上の1.5センチだけ描くようにしてください。

バッチリとアイラインを引いているときよりも、自然に目を大きく見せることができます。

下のラインは目じりから1センチ程度だけ描きましょう。

この2か所だけでも、ナチュラルで印象的な目元をつくることができます。

また、年齢を重ねると黒という色は目立ちすぎて浮いてしまうようになります。

髪の毛が真っ黒過ぎたり、眉毛が黒かったりすると、かえって老けて見えるのと同じです。

アイラインの色はこげ茶などのブラウン系を選ぶようにしましょう。

またリキッド状のアイライナーは、張りのない皮膚には発色が良すぎて不自然に見えることがあります。

ペンシルタイプのものは肌馴染みが良く、まばたきをしても他の場所に色が移りにくいのでおすすめです。

Read more